</h1> <meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=Shift_JIS" /> <title>足元暖房器(足温器)のカタログに載っていない各部の画像です。 - 足元ヒーター

足元暖房器(足温器)のカタログに載っていない各部の画像です。

速カタログに載っていない足元暖房器(足温器)の画像を紹介していきますね。



足温器の箱を開けたとこです。 

まずは、箱を開けてみましたっ(笑)




箱の中身はこんな感じ。 

本体と取説(紙1枚)は、ビニールに入れられています。




ココがポイント! 『強弱の切り替えスイッチ』

他の足元暖房器、足元ヒーターにはない特徴が、強弱の切り替えスイッチですね。
これは本当に便利ですよ。

30ワット60ワットの切り替えができます。

ずっと60ワット(強)だと、さすがに熱すぎるのでつけ始めの30分くらいを(強)で一気に温め、
その後は30ワット(弱)にするのがベストな使い方と思います。


足温器を横からみたところです。

ちょっと角度がついてるのが分かりますか?
右側がつま先側で、左側から足を入れる向きで撮影してます。
まっ平らより、少しつま先側が高くなっているのが椅子に座って使う時、ちょうど良い感じです。
足温器のカバーです。起毛でとても暖かい!

この茶色いのが足を入れるカバーなんですが、2枚合わせになっていて厚みがあり、
足の甲の部分もポカポカ温まります。
踵(かかと)の部分は開きっぱなしですが、ヒーターの熱が上に上がってくるのでたとえ部屋が寒くても
冷たい空気がそこから入ってくることは全くありません。



足温器のカバーです。起毛でとても暖かい!

そしてこのカバー、なんと!チャックで取り外し可能
なので、汚れたら洗濯機で洗えちゃいます。 
※一応色物なので洗濯するときは気をつけてください

こんな安い暖房器具なのに、意外と気が利いてますよね。
チャックはしっかりした作りなので、ここが壊れることはまずないと思われます。



足温器本体 カバーを外したところ

足裏が当たる部分はフェルト生地になっていますが、本体と完全に一体となっているので、
ここは取り外しができません。
汚れたら、濡れタオルで拭くぐらいしかできませんね。
うっかりジュースなどをこぼさないように気をつけましょう。



足元暖房器 (足温器)の裏側を初公開!!

こんな画像は他では見られませんよ!
このブログを見に来てくれたあなただけに特別に、足元暖房器(足温器)の裏側を
こっそりお見せしちゃいましょう(爆)

至ってシンプルです。 なにもありません。
ヒーターの線が密に通っているのが分かりますね。
これが暖かさの秘密でしょうか。



足温器の消費電力とかの表示シール

規格のシールが貼ってあります。
東日本、西日本どちらでもコンセントに挿すだけで使えます。
30Wと60Wの切り替えができます。


と、こんな感じで足元暖房器(足温器)の各部の説明付き画像を紹介しましたが、
いかがでしたか? 
参考になりましたでしょうか?



こちらのお店は送料無料で買えますよ。地方発送は送料が1200円とかしますから、お買い得だと思います♪



足元ヒーター 足元暖房器 足温器 写真 画像
次の記事 >>> 足元暖房器の足温器を実際に使ってみた感想です。


posted by ashimotodanbouki at 10:00 | 足元暖房器 画像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
足元ヒーター」の先頭へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。